最近の精神科

最近の精神科

神経医学研究センターの市長は「精神科医が現在の治療報酬システムで一人で、物語によって話を聞くのが難しい時を患者に書くことができます」。
短い営業時間であるとき、患者が医者を信用にしないで、そして、医療を引き受けている過度の量に至るという可能それに来るために簡単です。
それを合併します。
医療上り坂を得るだけです。
ゆっくり、そして、慎重に患者の物語を聞くことによって、患者との関係を作ることができるシステムを準備することが必要です。
プレイス、自身の死で連携会議は自殺に調査される全国を失ったおよそ70%は、病院に行っている精神医学の間、献身的な自殺を失わせました。
会議の典型がで「精神医学の早めの協議を要求して、協議率と均衡を失う現在の治療計画を概説する薬物治療を起こさなければならないだけでないことを欲しかった」とき、厚生労働省から文書を需要に提出しました。
追加、また、年をとることによるアルツハイマー病増加のような痴呆の患者と私が外来患者部を置いた患者数において、入院は一緒におよそ380,000と、1996年から2008年への12年間の痴呆患者数に関しては、3です。
5回は増加します。
しかし、世話領域からの評価によれば、もの痴呆患者が200万人以上存在すると考えられます。
そして、私が2030年に3,500,000人まで増加すると予想されます。
精神医学を含むことが入った医療機関の重荷がより今後は増加するために、見られます。
日本の精神科医療は遅く主に先進国と比較するとあります、そして、国の保険証書状の指示によってしたたった「入院センター主義」は精神科医療を浪費します。
いわゆる「精神医学例外」(他のコースの3分の1で医者の数のために十分です)を医療法で廃止します。
そして、スタッフ・システム(例えば医者または看護婦)を準備することが急用であると言われます。
copyright(C)精神科医Q&A