統合失調症

統合失調症

統合失調症

精神分裂症(とうごうしっちょうしょう)
Schizophrenie、英語:19世紀の脳Eクレペリンの病気の学者が
精神分裂症にかかった統一脳疾患カテゴリーとして複数の
脳疾患を集めた「早発性痴呆」)1911年の症候群本
「「DEMENTIA PREACOX oder GRUPPE Der SCHIZOPHRENIEN」
(E.BLEULER 1911)」の説明からのスイスの精神科医オイゲン・ブロイラー
それは、定義(一群の早発性痴呆または精神分裂症グループで
呼んだ精神病(精神障害)グループ)の日本の名前です。
この徴候の管理過程は精神医学です。
そして、精神科医は健康診断に対処します。

ブロイラー心配する「心機能の特徴的分割(ドイツ)」に
関しての症候群の特徴は、それを精神分裂症患者(分割)に任せました。
そして、Spaltung der verschiedensten psychischen Funktionenを持ったと
Phrenia(精神病)が言う)基本的な徴候です。
「心機能」はその頃ここの一般的な合同主義心理学の概念です。
そして、「心機能の分割」は主に「同盟機能のたるみ」と「自閉症」を意味します。
copyright(C)精神科医Q&A