早発性痴呆

早発性痴呆

E、クレペリンは早発性痴呆グループを死後の脳解剖から
前頭葉に類似した細胞変性を観察する1つの統計カテゴリーとみなしました。
かなり寄せ集めであるEブロイラーを予測するだいぶ病気グループの
そして、終わりは現在まで定着しません。

E、クレペリンとEブロイラーが例証した病気グループは
以下の通りです。
1.Simplicityは、痴呆2.Hebephrenia 3.Catatonia 4をタイプします。
妄想性痴呆は徴候です。
そして、関係する病気グループに共通であることが激しく
終わるようななられる精神分裂症(心機能の分裂気質)と
思案と感情と呼ばれている州で、そして、愛情の人には当初ある
知的水準と体能力に、将来の役割パフォーマンスは目立って影響を受ける。
そして、処置と社会的な援助は必要です、関係するrecovery.The病のために
病気概念、しかし、概念が困難によって健康福祉管理トップ
(自己-評価によって)に適用されて当初あることがありえる障害の
人は回復の長期です。

基本的な原因は不明です。
しかし、それが始めに、臨床発症であるとき
神経伝達物質のアンバランスのような頭の代謝が異常であるならば
社会心理的であるストレスを含む環境因子のインタラクションは仮定されます。
copyright(C)精神科医Q&A