精神分裂症

精神分裂症

その「精神病は、状態にあります」ことが基本的な徴候として
subsidiarilyする(幻覚妄想)いろいろな徴候を
主要な徴候は「同盟障害認知障害」「自閉症患者」(突飛な考え)に
示します。

そして、徴候の範囲は愛情個人の人によって多様です。
クレペリン、ブロイラー、シュナイダーは普通で、それを与えます。
そして、「思案停止」(組合せ障害)(突飛な考え)で「考慮してください。
そして、頻発の徴候は声です」。

日本政府は、最初の診断(統計標準)を受けません。
そして、それを分類します。
そして、管理の宣誓証言でWHO国際疾病分類(第10のRevision)
(ICD-10)を用いた診断法を関係があるマニュアルで
それはあります。

日本で、2002年の(2002)までの精神分裂症(せいしんぶんれつびょう)と
呼ばれていました。発生率は、全人口のおよそおよそ1%と推定されます

関係する病気グループは診断(精神障害の統計カテゴリー)の1つです。
そして、自閉症と組合せ障害(認知障害)基本障害を装うことは
複数の脳代謝病グループとともに上記のように考えられます。
この精神病のグループが現在同じ根の神経生物学的基本を持つかどうかは
全く知られていません。
copyright(C)精神科医Q&A